忍者ブログ

取り急ぎ忘れないために

自分でステアリングを操作できる乗り物、おもちゃ、あとはガジェットとかうまいもの?を中心に備忘録として書いています。

[PR]

2017/08/24(Thu)14:03

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

追突:京葉道上り船橋付近

2002/08/26(Mon)15:34

この日は仕事サボって海で遊んで渋滞を避けた時間に帰路についたのだが、簡単には帰れなかった。と言うのも、鵜原海岸がらの帰りのドライブ、順調に流れてはいたものの流石に京葉道に入ると午後の 三時を過ぎていた事もあり車が詰まってきた。まぁ50km/h位でノロノロと走りたまに詰まって10秒ほどの停車を繰り返す状況の中、連れの嬢は隣でスヤスヤと海での疲労を癒し、自分は調子の良いGTTに満足しながらタバコをふかしていた。が次の瞬間、ドアミラーに写ったエスティマが異常なほどの早さで大きくなるではないか!もうこの瞬間、声とも言えない叫びをあげたが時すでに遅し、鈍い金属音の『バン!』でもなく『パン!』でもない交通事故特有の驚くほどリアルで鈍い衝撃音と供にGTTは10cmほど短くなった。この時自分が出来た事は追突の反動を押さえるべく精一杯ブレーキを踏む事くらいでした。大事なGTTに追突された悲しい気持ちが刻々と大きくなる状況の中、嬢の怪我の状態を確認しつつ車を測道へ寄せ追突した後続車へ歩み寄った。

おれ  『おい!大丈夫か?』っておれのセリフじゃないだろ
オヤジ 『えぇ、すみません』
おれ  『なにしてくれたんだよ!』
オヤジ 『いやぁ、ゴミ箱が倒れて前を見てなくて、すみません』

もう、なにも言えなかった。たかがゴミ箱が倒れ、床にゴミがこぼれるのが嫌なくらいで、一つ間違えば命も落としかねない状況をこいつは解っていないのだろうか?すぐに警察へ電話させ、事故処理をして貰ったが警察もヒドイもの。このオヤジに対し言った言葉が『まぁ前を見ていなかったのがいけないね』だって、それだけかよ!オヤジのヒドイ運転とGTTを潰された行き場のない怒りと、嬢の怪我が心配で本当に参った。GTTはなんとか自走出来たので、ガムテープで補強し下道で帰宅。翌朝、病院へ一緒に診察へ行ったが二人とも全治10日。でもこれを書いてる9月9日でも未だ完治せず二人とも通院中である。GTTの方はすでに屋根まで損傷が認められておりほぼ修復は不可と断定。まぁ直せなくはないが途方もないお金がかかるので全損扱いはぁどうしよう、GTT可愛そうに・・・

PR

No.44|Renault 5 GT-TurboComment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :