忍者ブログ

取り急ぎ忘れないために

自分でステアリングを操作できる乗り物、おもちゃ、あとはガジェットとかうまいもの?を中心に備忘録として書いています。

[PR]

2017/09/26(Tue)18:08

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

GoPro HERO3 Black Edition!!

2013/05/01(Wed)11:59

GoPro HERO3 Black Edition

やっとこさ買いました、GoPro HERO3 Black Edition。サーキットでの車載動画撮影の歴史としてはいろいろあったなぁと。

GoPro HERO3 Black Edition

Phase1:フィーチャーポンでQVGA撮影
要らなくなったフィーチャーフォンことソニーエリクソンのガラケーをサソクの屋根にテープで張り付けてQVGA動画を取り始めたのが最初です。高価なデジカムは買えないしってんで使っていない白ロムの携帯電話で撮り始めたんです。まぁ当時としては画質もQVGAだし、メモリースティックに入れれば電車の移動でも車載動画でお勉強できるすぐれものでした。当時の動画はこちらです。

★なつかしいサソクで日光★

たぶんフレームレートは15fpsくらいかな、もしかしたら12fpsとか?320×240のQVGAですが当時はこれでも結構満足でした。この動画をメモリースティックに乗せてPSPで見たり、W-ZERO3でみたりとか懐かしい限り。

Lancer Evolution Wagon 日光サーキット

ガラケーでの撮影の次はだいぶバージョンアップしてiPhone4です。32GBの端末ですが、普段からデータはいっぱいなので容量が足りず途中で切れちゃうのと、撮影の開始と停止を、いちいち4点ベルト外してクルマ降りてハッチバックから開始と停止をしなければいけないのが面倒でネックでした。





それでもiPhone4は手ぶれ補正も結構優秀だし、充電もUSBですぐできるのでそれなりに重宝していました。そして時は経ち現行iPhone5。iPhone4よりも更に安定した手ぶれ補正にはびっくりさせられました。



これはフロントガラスに激安な吸盤タイプのクリップホルダーをつけて、それはもうグラグラガタガタな取付でもこれだけ綺麗に撮れるようになりました。景色は揺れないけどボンネットは揺れるというハイテク処理には脱帽でした。



これもiPhone5で撮影。まぁ調子はよかったんですがこの撮影をしていてGoProの購入を決意しました。というのも、べストラップ更新したアタックの動画が途中で切れてて・・・ たぶん電話がかかってきたせい?電波OFFにしとけよって言われるかもしれませんが、やっぱりあくまで電話なんですよ、iPhoneは。多機能だし高機能だけどやっぱり電話。べストラップの動画がとれなかったのがこんなに悔しいとは思ってもいなかったですw

んでもってGoPro HERO3 Black Edition。すんごく小さいです。

GoPro HERO3 Black Edition

ほんと手の平サイズで軽いし、標準でついてくる防水ケースも小さく、これを付けることで耐塵、耐水、耐衝撃というアクションカメラに最適な武装ができるんです。

GoPro HERO3 Black Edition

記憶媒体はMicroSD、64GBまで対応らしいのですが、安定せずエラーを起こすということから32GBで様子見です。それにしてもClass10のMicroSDがもう3,000円しないんですよ。2GBのメモリースティックが2万とか、その昔は8MBのコンパクトフラッシュはが2万とかとか、良い時代になりましたw

GoPro HERO3 Black Edition

サードパーティ製のサクションカップで取り付けてみました。ホールド感もかなりしっかりしているのと、そもそもGoProが小さく軽いのでばっちりです。

GoPro HERO3 Black Edition

iPhoneAppでのビューはこんな感じ。かなりワイドなのでもう少し前側につけたくなるのですが、ルームミラーが邪魔になるだろうなぁと。かといって位置を下げると道が見えなくなるので面白くないし、もう少しワイドじゃない感じにできないか調べてみようと思います。そもそもFOVが1920x1080だとウルトラワイド、ミディアム、ナローってあってこの辺りも使いこなせてないので連休中にいろいろ試してみようと思っています。

GoPro HERO3、インターバルシャッターもいろいろ活用できるし、iPhoneAppとの連携で操作も簡単だし(バッテリーの消費は激しいですがw)、バースモードで1秒で30回シャッターでサソクのクーラントで水芸する瞬間も難なく撮影できるし、1280×960なら100fpsとかっていうスロー再生が楽しい仕様もできるし、これから使い倒してたのしもうと思います。とりあえず本命の車載動画を早くとりたい一心ですが、FDのタイヤを新調していないことを忘れててサーキットはもう少しあとですかね。6月あたりを目指して準備しますw
PR

No.560|雑記Comment(0)Trackback

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字