忍者ブログ

取り急ぎ忘れないために

自分でステアリングを操作できる乗り物、おもちゃ、あとはガジェットとかうまいもの?を中心に備忘録として書いています。

[PR]

2017/07/26(Wed)01:55

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

CLIO RS 赤栗夫の近況

2010/03/17(Wed)12:00

CLIO RS

えっと、まともに備忘録更新は1年ぶりくらいですかね。その間プライベートでいろいろありまして独身にもどったりしてしまいました。。で、まぁそんな話ではなく運転して楽しい赤栗夫の話でも。
赤栗夫は去年の夏に車検がありまして、その際いろいろリフレッシュしました。走行距離こそ59,000KMほどでしたが新車から8年、そろそろねぇといった樹脂で構成されたパーツの劣化などが心配な時期だったこともあり諸々手をいれました。メニューは、

・タイミングベルト(テンショナーとか一式)
・水ポンプ

を中心にOILシールなんかをまとめて交換。車検とあわせたので結構な金額でしたがあと5年安心して走るためにのメニューを遂行しました。タイミングベルトもエンジンを傾けて脱着なしでいけるといえばいけますが、やっぱりエンジンの座りがかわってしまうのは懸念してしまうし、どうせおろすならとクラッチまわりまでリプレイスしました。結果、まぁ乗った感じとかは変わりませんが絶対的な安心を手にいいれ、あとは細かな初期化をしていけばいいのかなぁと。

相談したのは赤栗夫を買ったルノー東京有明でして、ここ、相当ありがたいお店です。こちらの無理難題をなんとか実現しようと頑張ってくれるし、整備も同じ栗夫を20万キロ以上も乗ったツワモノといった心強さ。お困りの際は最初に相談してみることをお勧めします。因みに、試行錯誤の結果予算があまりSiFoのMember Brace Kitを入れることも出来、ボディはしゃきっとすることができました。

東京有明は変わっていて、ちょっと冗談っぽい店長(でも根はマジメ)は楽しく、工場の方もユニークな方がたくさん、特に栗夫に関しては相談ベースでも信頼できる回答が待っていることでしょう。と、まぁそんなわけで赤栗夫は大変系メンテを終えて今は65,000まで走行距離を伸ばし、細かなメンテをしつつ快調に走っています。

CLIO RS

去年は年明けに富士を某BEETで走ったくらいですが、今年は赤栗夫でサーキットを走りたいなぁということで脚やらその他細かなメンテをしつつ、次の楽しみへ向かおうかと思っております。

まぁ赤栗夫さん、10年選手まであと1年ですがまだまだ元気。だましだましとは言いませんが、気もちよくアクセルやらブレーキを踏めるようにしていこうと。2型栗夫の先輩方、是非よきアドバイスをいただければ幸いです(まずはカーボンボンネットとK-TECのターボキットだなとかはお手柔らかに・・w)。

PR

No.406|Renault Clio RSComment(0)Trackback

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字