忍者ブログ

取り急ぎ忘れないために

自分でステアリングを操作できる乗り物、おもちゃ、あとはガジェットとかうまいもの?を中心に備忘録として書いています。

[PR]

2017/11/24(Fri)12:45

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

耐熱対策:秘密基地

2002/12/30(Mon)17:02

以前遮熱版を外してしまっていたのでそこを修繕。 今回使ったのはこれ。復活の時はエキマニだけに巻いていたのですがそこから先のターボパイプ?って言うのな?タービンから中間パイプまでの間をマキマキすることにした。で、早速車をウマとバタカクに載せてもぐれるように。最初は一番後ろのエンドのタイコから外し お次はその前のクネクネパイプ、センターパイプと外し最後にターボパイプと外していく。で、このクールイットのサーモバンテージ、水に濡らして柔らかくしてから巻くのだけどなんせ12月と言う季節柄冷たい水に耐えながらと言う作業が辛い。冷たくて痛くなってくる指先を我慢しつつマキマキしていく。で巻き終わって取り付けたのがこの状態。でも少しバンテージが余ったのでこの後タービンのアウター側のL型ハウジング?の所にもマキマキ。この後は外したのと逆の順序でエキゾーストラインを取り付けていき、取付が終わったらバンテージに焼きを入れていきます。とは言えただエンジンをかけて熱を加えるだけです。エンジンをかけてアイドリングしていくとモクモクと湯気が出てきます。一応湯気が出きってからこの日一緒に居た顧問と近所の温泉銭湯へ向かったのだが、さっき巻いたバンテージが焼けてきてスンゴク臭い臭気が車内を充満。GTTに乗ってる人なら経験しているかもしれないあのニオイです。アロンアルファを焦がして煙にしたようなニオイはその後数時間続きその間寒いながらも窓全開で走ることを強いられた。で、効果の方はかなり良い感じ。ターボパイプの後ろに走っているクーラントのヒーターコアへ行くホースのあたりを素手で触れるほどに遮熱されていた。

サーモバンテージ ¥3500

PR

No.67|Renault 5 GT-TurboComment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :