忍者ブログ

取り急ぎ忘れないために

自分でステアリングを操作できる乗り物、おもちゃ、あとはガジェットとかうまいもの?を中心に備忘録として書いています。

[PR]

2017/08/20(Sun)03:45

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

改めましてGTT納車

2002/09/26(Thu)15:46

ん~ん、GTTの納車ですがな!もう嬉しいのなんのって!まぁだいたいははこちらでおわかりと思いますが一応こちらで詳細を書いておきます。まぁ電話で出来上がったとの連絡を受けそそくさと仕事を終わらせ(こういう時は早いのよん)ツツツツツに足を頼み一路タケダモータースへ。到着したのはすでに夜の8時を過ぎていましたが社長とメカさんは未だ作業中でした。到着して荷物などを新GTTに積み込みながらイロイロお話ししました。このGTTについての事などや他にもイロイロです。タケダさんの話を聞く限りこのGTTはそうとう程度が良いらしく自分としてはそんなGTTがこれからの伴侶となるなら嬉しいに決まってますものでそうとう自分も浮かれてました。んで浮かれた私に渇が入る出来事が・・・

タケダさん『いやぁ苦労しましたよぉ』
ヘナチョコ『すんません、お手数をおかけしましてぇ』
タケダさん『それでね、支払いなんだけどね、だいぶ追加が出ちゃったんだけど大丈夫かな?』
ヘナチョコ『えっ?追加ですか・・・はぁまぁ・・・んでいかほど追加なんですか?』
タケダさん『10万円くらいかなぁ』
ヘナチョコ『・・・・』

と言うわけで今回のGTT復活に関してかかった費用などを公開したいと思います。まぁここで同じ事をしても状態やお店などでカナリ左右される所なのであんまし参考にならないかもしれませんが。


復活の費用一覧

新GTT車両代ーーーーーーーーーーーーーーーー¥15000(Sifo)ホース代とはいえ一応車両代とします
車載車(日産レンタカー)ーーーーーーーーーーー¥21500頼むと結構取られるから自分で
サーモバンテージ(サーモテック)ーーーーーーー¥3500(オークション)やるなら今しかない
クラッチ三点セット(バレオ)ーーーーーーーーー¥42000(タケダモータース)後からだと面倒なので
クラッチピボット(バレオ)ーーーーーーーーーー¥840(タケダモータース)同上
エンジンマウント一式(バレオ)ーーーーーーーー¥28350(タケダモータース)同上
ラジエター(バレオ)ーーーーーーーーーーーーー¥40600(タケダモータース)既存品がそろそろだったので
クランクシール(バレオ)ーーーーーーーーーーー¥5600(タケダモータース)仕方ない部分ね
メンドラシール(バレオ)ーーーーーーーーーーー¥17800(タケダモータース)以前顧問のクラッチん時に問題になったやつ
ホースバンド一式ーーーーーーーーーーーーーーー¥2250
エンジンオイルMOTUL15W-50ーーーーー¥2800
オイルエレメント(バレオ)ーーーーーーーーーー¥1400
ミッションオイルBP80W90ーーーーーーーー¥5600
クーラントーーーーーーーーーーーーーーーーーー¥2400
エアコン撤去改造工賃ーーーーーーーーーーーーー¥28000
速度計修理工賃ーーーーーーーーーーーーーーーー¥15000
エンジン載替工賃ーーーーーーーーーーーーーーー¥138000
廃車処分代ーーーーーーーーーーーーーーーーーー¥36000

と全ての合計金額¥439987とかなりの予算オーバーとなりました。でも考えてみて思ったのはタケダさんの仕事への姿勢を考えれば仕方がないかと。んでもって一通りの苦労話やこれからの方向性なんかをウダ話しました。その後荷物を降ろすために秘密基地へ行く間に感じた事をなんですが、これがまた沢山あるんですよ。

タケダさんも言ってたけどボディがしっかりしている事。これは特筆ものです。以前のGTTでは特にやれているとか柔いとかって感じなかったし、まぁそんなモンかと思っていたのもあり今回のGTTでビックリ、タワーバーすら入れてないのに車体はガッチリしてるし、おかげでサスもキチント仕事が出来ているのか乗り心地もすこぶる良好でした。

タービン交換でのフィーリングの改善。これも以前の物に余り不満がなかったのも手伝って体感効果は抜群でした。以前の物をそのまま使うか、今度の物を使うかある意味賭でしたがこれが当たったんですな。どう違ったかと言うとまずはブーストの立ち上がり方がすんごくスムーズな事。体感的には以前のタービンの方が荒々しさがあって早そうな感じはするのですが、実際には今回付けたタービンの方が吹け上がりも早いような気がします。
未だキャタライザー装着のデビルエンドの状態ですからスコーピオンのフルラインを付けてどう変わるかです。

エアコン撤去改造でセンプーキ要らず。これは純正で付いていた後付けエアコンを撤去し本国使用にするということだったのですがこれが効果適面。まずブロワファンの代わりにエアコンのコンデンサーに付いていたファンを取り付けているため風量が以前からは比較にならないほど強い事。また強制外気循環のためか、高速などに乗ると眼が乾いてしょうがないほどの風量になりました。

PR

No.49|Renault 5 GT-TurboComment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :