忍者ブログ

取り急ぎ忘れないために

自分でステアリングを操作できる乗り物、おもちゃ、あとはガジェットとかうまいもの?を中心に備忘録として書いています。

[PR]

2017/10/19(Thu)19:50

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

フロントショックのブッシュとベアリングとコイルスプリングの交換:秘密基地

2002/11/17(Sun)16:27

こないだのBBの注文で買っておいた部品の交換をした。作業はまず、テコとなる後輩の松に電話し呼び寄せる所から始まります。で、作業開始となりタワーバーの取り外しから行い次に一番上のショックに付いてるナットを緩めます。これは外してからだと大変だから先に少し緩めておきます。で、助手席側はすんなりメガネで回ったのに反対の運転席側は何故か回らずそのままで車体から取り外すことになって。で、まずはジャッキアップしてタイヤ外してショックの下側のネジを外せばあーら簡単、ショックは外れました。そんで問題の運転席側のショック、結局はテコでも動かない事が解ったので壊す前に近所の車屋さんでインパクトを借りることにした。で、車屋さんはインパラやキャデラックとかでダンスできるやつを作ってるお店屋さんだったのですが親切な整備の人のおかげでブビュビュンッ!っとあっけなくそのボルトは外れました、しかも工賃タダにしてくれたし。ありがとうございましたです。>優しい車やさんのお兄さんで、さっそく分解してみたらブッシュはあまりヘタッテなかったのですがベアリングが割れてました。しかもバラバラに。でまぁブッシュとベアリングを交換して新しいスプリングを挟み組むのですが、スプリングコンプレッサーは使いませんでした。GTTはバラシもクミも特殊工具は要らないようで、せっかくアストロで¥4000も出して買ったスプリングコンプレッサーは使わずじまい。とまぁ今回のスプリング、BBで売ってるやつで車高が下がるやつのはずが出来上がって車高を計ったら15mm上がってた。(^^;)まぁブッシュが元気になったのと元々のスプリングがヘタッていたのでしょう、たぶん。でそのスプリング、GTT乗りの間では賛否両論、ショックが変わらなきゃとかイロイロ言われてはいますが私の場合、ショックの性能と言うか純正の柔らかさのままロールセンターを少し下げたかったのでスプリングだけの交換になったのですができれば硬さ調節出来るショックとkgで組める直巻きスプリングを試してみたくもないのですが、高価だしねぇ。で効果は良い感じです。以前のガタガタ音は無くなステアの切り始めから滑り始めるまでの感覚が掴みやすくなったし。これで車高が少し下がれば良かったのになぁ。
まぁショックが逝ったらまた考えよう。

ショックのブッシュ ¥3760
ショックのベアリング ¥2632
スプリング ¥7332

PR

No.62|Renault 5 GT-TurboComment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :